Yotabanashi

Otaku is beautifulだからhappy

最高で最強

ジャニーズにいて出来ないことってなんでしょう。

アイドル事務所ですから、歌とダンスはまぁ出来ますね。
そこに本人の意思や適性や環境によってバンドが出来たり、ラップが出来たり、ロック、HIPHOP、ジャズ、演歌……ローラースケートやスケートボードやバトンやマーチングや……色々なことが出来ますね。

プラス芝居。
ドラマ、映画、ストレートプレイ、グランドミュージカル、小劇場、アニメーション、外画……。
どの世界も、1から目指せばそこの場に立つまでどれだけ大変なことか。

タレント業だって出来ます。
バラエティに出てコントめいたことも出来ればロケも出来、島を開拓することも出来ます。
コメンテーター的なことも、MCも。


アリーナツアーやドームツアー、全国、世界、色々な場所でライブが出来ること。それは全くもって当たり前なんかじゃなく。

出来ないことを挙げた方が簡単なくらいなんでもやらせてもらえる環境にあって、しかもその中で関ジャニ∞は好き勝手をやりまくって、でもそれが世間から評価されて好き勝手やってたことが仕事になって……。
そうやってやってきたことは間違いなく、東西関係ない後輩全員の道のひとつになっていて、誰も歩いていない道とも呼べない場所を身一つで開拓し、そして出来ることの幅がどんどん広がっていく中で、「自分の人生を考えた」時に今の環境では出来ないことがあるから辞めるのかな。逆かな、やりたくないのにやらなきゃいけないことがあるから辞めるのかな。



悲観はしていない。多分
なんで、とは思う。それと同じくらいやっぱり、と思う。


色んな感情が綯い交ぜになっていて、もうよくわかんないです。ただ、なんだか心にずっしりと5人の関ジャニ∞がのしかかっていて。
でもおたくよりも5人の方が辛いはずなのに、立ち止まりたいだろうに。
立ち止まるどころか加速して走り出して、私たちはそれに振り落とされないようにするしかなくて。
優しさとは強さだと最近思っていました。
関ジャニ∞は優しさの人たちです。だから強い。
最低で最弱な姿すらも最高で最強。そんなに人たち。


アイドルは本人もおたくも、トライ&エラーの繰り返しだ、と思います。

さぁ関ジャニ∞、新たなトライの始まりだ。

Black of nightを考察したら1本の物語が出来た話

お久しぶりです。

突然ですが、Black of nightが発表された当時、考察をされてる方がものすごいいましたよね。藪から棒にどうしたって感じかもしれませんね笑
私も波に乗って考察をしたんです。そして当時所属していたサークルのために、Black of nightをモチーフにして1本の物語を書きました。今回はそれを載せます。
と言っても媒体が音声ドラマだったため、残っているデータは脚本。それを小説にリライトしたので分かりづらい部分が多々あるかと思いますが、雰囲気を汲み取ってください(無茶振り)
また、物語としての整合性が取れていない部分もあるかとは思いますが、時間制限のあるドラマで出来る最大限を書いたつもりです(当時)。それのリライトなので多少目を瞑ってください!
言い訳も終わったのでそろそろ。
少々長いかもしれませんが、楽曲をご存知の方はぜひ聴きながら読んでみてください。こういう解釈もあるよね、って感じで。
では、どうぞ。










「Black of night」





「ハァ……ハァ……待って!」
僕は追いかけていた。
誰を?
……誰だ?
僕は追いかけていた。
何を?
何だ?
ひたすら追いかけ続けていた。
そして、追われていた。
誰に?
人じゃない。
何に?
わからない。真っ黒い、なにか。
それは次第にまとわりつき、僕の歩みを止める
「待って!」
どんどん感覚を失っていく。僕は一生ここにいるのか……?
「フフッ」
まるで醒めない夢の中で、微笑む……君は……。





「ハッ……。夢か……」
窓を見れば、普段目を覚ますような時間ではないことは明白だ。僕はテレビをつける。すると快活そうな女子アナウンサー
「時刻は4時50分。続いてのコーナーは……」
と時刻を告げる。知りたいことを知れたので、すぐに僕はテレビを消す。
随分早くに目が覚めてしまった。喉の乾きを覚えたから、眠気覚ましを兼ねてコーヒーでも飲もう。
だるい体を起こし、キッチンへ向かう。水をやかんにいれ、火にかける。冴えない頭を刺激しないようにゆらめく炎をながめていると、やかんが自身の存在を知らせるようにピーっとけたたましく鳴る。その音で無理やり意識を覚醒させられ、僕は棚の中からコーヒーを探す。
「あれ……? コーヒー切らしてたか……。しょうがない、自販機行くか……」

まだ重い体を引き釣りながら、のどの渇きを潤すために、僕は近くの自動販売機を目指す。
「なんで今日はこんなに喉が渇くんだろう……」
歩いて二分もしないうちに、目当ての自動販売機にたどり着き、コーヒーのボタンを押す。がしゃんと音を立て缶が出てくる。それを手に取り、プルタブをあけ、勢いよく飲み干す。
「はぁー……」
一息つきふと横を見ると、見慣れない道がそこにあった。
こんなところに道なんてあったか……?
怪しいと思いつつも、好奇心に逆らえなかった僕は、続く限りにその道を進んだ。

「どこまで続いてるんだ……? 寒気してきた……」
戻れば、いいのに。そうだ、戻ろう。
……どうやって……?
ここは……
「どこだ?」





浮遊感。
黒いイバラのような何かが僕を襲う。
ここにいてはだめだ。
早く行かなきゃ。
「どこに……?」
早く……!
「どうすれば……」
「フフッ」
突然、僕以外の声がそこに響く。声の方向を向くと、その場に似つかわしくない、女が立っていた。
「……君は」
「逃げなくていいの?」
「逃げるって……どこへ……?」
「わからない。あなたにわからないことはわからない」
「……無責任だな」
「初めて会ったんだから、私はあなたに責任なんてないわ」
「それも、そうか」
年のころは、僕と同じかそれより下といったところか。こんなわけのわからない場所で、非常に冷静だ。
「あなた、混乱してるわ」
「そうかもしれない」
「落ち着いて、逃げた方がいいわ」
「……君は逃げないの?」
「私? 私は……ここから出られないわ」
「なぜ?」
「なぜかしら。そんなこと、考えたこともなかった」
「……なぜ?」
「質問が多いのね」
「気分を悪くしたなら謝るよ」
「いえ、結構よ。それにしても……」
彼女は間を置き、こう問うた。
「私が怖くないの?」
「え……?」
「こんな状況で突然出てきたのに、ちっとも驚かないから」
「そう……だね……。けど……」
「けど……?」
「初めて会ったわけじゃ、ない気がして」
「何それ」
確かに、初対面の男にこんなことを言われるのは恐怖だろう。ナンパの常套句でもあるわけだし。だが僕は続ける。
「夢で、会ったんだ、君に。今みたいにわけのわからない黒い何かに僕が足を取られてて……それを見て、君が笑ってる。綺麗な顔で微笑んでる。悪魔みたいだったよ、助けもしないで、僕が黒に飲み込まれることが当たり前みたいに笑うから」
そこまで言うと、彼女は少し悲しそうな顔をした。ように見えた。そして僕に言葉を投げる。
「……それは、ひどいことをしたわね、謝るわ」
「別に、君が誤ることじゃないだろ」
「でも、それは“私“なんでしょう?」
「多分……。いや、そうだ、確かに君だった」
「なら、謝らなくちゃね。ごめんなさい」
「うん……」
「許してくれるの? ありがとう。……夢の中でひどいことをしたなら、せめて今はあなたを助けるわ。私の手をとって?」
「わかった……」
こんな細い腕で 僕を助ける力が……? 彼女の手に触れる、その瞬間。
僕にまとう黒い何かが晴れていく。
遠くで男の叫び声が……あれは……父さん?
自分を支えるものがなくなり、バランスを崩す。
とっさに、彼女に抱き着く。
「!? ごめん」
「大丈夫」
嘘だ。
彼女は僕の腕からすり抜けるようにもがく。
どうすればいいのかわからず、解放してやれない。
「……あなたが、あなた自身を大切に思うなら、私に、触れてはいけないわ」
「それは、どういう……」
「……あなたがいるべき場所に、帰って……?」
「待って!」





気が付くと、そこは見慣れた自室だった。いつの間に戻ってきたんだ……?
「あれは、いったい……?」
あそこはどこだったのか。なんだったのか。そして。
「彼女は……」
彼女はなぜあんなところにいたんだろう。
何をしていたんだろう。
どうして……。
どうしてこんなにも彼女のことが気になるんだろう。
わからない。くるしい。まるで足のつかない位深い海におぼれるように。
僕の心は彼女によって蝕まれていく。
理由なんて、わからない。

ぽつり、ぽつりと窓を打っていた雨が次第に大きな音を立てて降りだしたことで、僕の意識が鋭くなる。
「雨……? 彼女は……」
雨に濡れて、一人寂しく。
なぜそう思う? わからない。わからないけど。
「彼女のところへ行かなきゃ」





悪魔の微笑みを浮かべていた彼女は、少女のように泣いていた。
「大丈夫……?」
「……なんで来たの?」
「君が、一人になると思ったから」
「そう……優しいのね……」
「君を一人には出来ない。……なぜだかわからないけど」
「あなたの中に残る罪の意識がそうさせるのね」
「罪の意識?」
「えぇ。あなたが私と向き合うことは、今のあなたを壊すこと。私にはそんなことできない」
「君は、何を言ってるんだ」
「わからなくていいの」
「わかりたいんだ! なぜ自分がこんなにも君に惹かれるのか、君を気にするのか。きっと君と向き合うことでしかわからないから……」
自分でも、何故ここまで熱くなるのか、わからない。
僕がひとしきり気持ちを吐露すると、彼女は遠くを見ながらこう言った。
「……人の心って、まるで迷宮のようだと思わない?」
「は……?」
困惑する僕をよそに、彼女は言葉を続ける。
「平坦な一本道ではない、入り組んだ、迷宮」
「何を言って……」
「人の心だけじゃない」
「……」
「何が迷宮だと思う?」
「わからない」
「そう。難しいものね」
「…………」
「きっと、わかるわ。すぐにでも」
「『わからなくていい』んじゃないの?」
「……そうね、わからなくていいわ」
息苦しい。こんな会話、いつまで続くんだ――。


「考えなくていいの。あなたは私の事を忘れて、一人で歩き続ければいい。そうすればきっと……」
長い沈黙を破って彼女が言う。だから僕は精一杯の反論をする。
「なんで……そんなこと言うんだ……君は……なぜそんなに僕を拒絶するんだ」
「そんなこと」
そう言いながら苦しそうな顔する彼女を、僕はどうしても放っておけない。
「前、僕が君に黒から助けられたとき、君を抱きしめたら君は」
「あれは違う」
「違わない。君と話していると、まるで自分自身と話しているように錯覚する……君に触れると、まるで本当の自分になるような……溶け合って、一つのものになるように感じるんだ。それなのに、君は僕から離れていく。自分自身から拒絶されるみたいだ」
「そんな……」
「もしかして……君は僕なの……? なんて……」
放っておけない。だから、自分でもファンタジーみたいだと思うけど、言う。そうすればきっといつも通り僕を馬鹿にしたみたいな顔で訳の分からないことを言ってくる、そう思って。なのに。
「……そうよ」
「え……?」
「私はあなた。……正確に言えば、あなたの中の罪悪感。あなたが私を切り離したの」
「どういう……」
「あなたは、自分の父親を殺したの」


VI


「え……?」
衝撃的な言葉を口にする彼女。
「……」
「待ってくれよ……お前……何を言ってるんだよ……」
「自分でやったこと、忘れようとして、私を切り離したのよ、自分で」
そう言うのがやっとの僕に、少し困ったような表情で言葉を紡ぐ彼女。
「ちゃんと説明しろよ……! どういうことなんだよ……」
「なのにあなた、自分から私のところに来て……完全に罪の意識を捨てきれなかったのね」
真剣に、力強く言う彼女に嘘はないのだろう。でも、信じられない。いや、きっと片鱗はあったのかもしれない。借金地獄なのに自分の快楽のためだけに生き、それを僕に押し付けようとするあの人を無意識下で憎んでいたんだ。自分なりに"普通の家庭"を維持しようと、好きでいようと思っていたのに、それなのに。
「僕が……父さんを……」
「……やっぱり、あの時あなたに手を差し伸べなければよかった……そうすれば……あなたは罪を忘れられたのに……。結局私は、あなたを依代にしないと生きていけないのね」
「……」
「あなたが罪の意識(わたし)を消したから、忘れてしまっているの。……私は、あなたが苦しむ姿を見たくないから……このまま私を忘れて、元の世界に帰って」


「それは……出来ないよ」
「え?」
「君は、僕の罪悪感なんだろ? ……捨てたはずの君に、僕は無意識のうちに惹かれている。それは、本来の自分になろうとしてるってことだろう? それこそ、無意識のうちに」
「……」
「わがままかもしれない、自分勝手だと思う。でも、自分が自分であるために、一人では帰れない。自分で捨てたものをまた拾うなんて、都合の良い話かもしれないけど……」
「なんで……そんな……私の言う事なんて聞かずに、さっさと帰ってよ……」
「だからそれは……出来ないよ。だって……君は僕なんだろう? なら……本当の僕になって、罪を償わなきゃ」
真っ直ぐに彼女を……いや、僕自身を見つめて僕は言う。その言葉に、偽りはない。
「もう……私を捨てた時のあなたとは違うのね」
「きっと、もう……君を捨てたりしない」
「いつでも捨てていいのよ?」
「そんなこと、しない。だから……僕の手をとって?」
「えぇ」


僕が差し出した手をとる彼女。その瞬間に、フラッシュバックのように彼女の言葉を思い出す。
『……人の心って、まるで迷宮のようだと思わない?』
『平坦な一本道ではない、入り組んだ、迷宮』
『人の心だけじゃない』
『なにが迷宮だと思う?』
そして、ようやく気付く。
「そうか……」
「え?」
「僕たちのこの関係が……迷宮なのかもしれない」




Fin.

ありがとうしか見つからない

物事には始まりがあれば終わりがある。
人は産まれた時から死に向かって生きていく。

どこでその終わりがやってくるか、それは誰にもわからない。

大好きで大切なエンターテインメントを生み出した方が亡くなった。
大事な"息子"たちに囲まれて息を引き取ったと。
その大きな愛でたくさんの子供たちを包み込み、誰にも出来ない発想でたくさんのエンターテインメントがこの世に生を受けた。
決してその全てが成功だったとは言えないだろう。しかし彼はエンターテインメントで世界を幸せにするという大目的のために人生をかけてきた。
その高潔なる魂は息子たちに引き継がれ、きっと息子たちは父から貰った大きな愛を、世界へ向けて発信する。

全ては世界を幸せにするために。



最後に。ただのおたくから愛を込めて本当に言いたかったことを。


「ついにくたばったか、あのジジイ。今までありがとよ」


ジャニー社長の御冥福をお祈りいたします。
ありがとうございました。

友達に「オタクとして正しすぎる」と言われた話

思考整理のためのチラ裏お気持ち表明(笑)につき閲覧注意



















まずは、Travis Japan横浜アリーナ単独コンサートお疲れ様でした。
色々と忙しい中で一日だけでもコンサートをしてくれたこと嬉しく思います。

私にとってサマパラ以来2回目の単独現場だったわけですけれども。
正直思っていたよりも楽しめていなかった自分がいます。
もちろん! とても楽しかったし!(矛盾)「宇宙に行ったライオン」で! 安定に沸いたけど!
なんか引っかかるんだよなぁ……。
そう思っちゃうのに大きな理由は5つあります。


①楽曲がわからない
これはもう他宗教だから仕方ない部分はある。おじゃんぷとかうぇすととかほとんどわからんもん。前者はデビューしたての超初期の曲ならば、後者はEvoke聴きたさにWESTival買ったからその収録曲ならばって感じなのでまぁそりゃわからん。
わからなくともいい歌はあった!!! それこそうぇすとの「TAMER」は普通に好みだった、うん。
まぁでもやっぱ自分の知ってる歌が来ると嬉しいよね……とは思います。「WISH」とかは嬉しかったよ。あとはまぁ上記の通り「宇宙に行ったライオン」
この辺は通ってきてるからね……。
あとシンプルに好きだから「Tonight」
あとは「Vanilla」はどう考えても天才の所業。さすが松田元太。
これに関しては本当、彼らが悪いわけではない。完全に私側のやつです。


②露骨なセクシーアピール
これも個人的な好みの問題なんですが必要以上のセクシーアピールが苦手なんですよね……Tシャツを捲ってお腹を見せてきたりとか……ぽんぽん冷えるよとしか思えない……。別にトラジャに関わらず他のJr.にも思ってる。筋肉がある、お腹ぽにょとか関わらず。
それにトラジャは踊ってるだけでセクシーさ出せるじゃん。そんな露骨なことしなくていいじゃん。とも思ったり。
私が腹チラされて沸くの宮野真守*1だけなので。(逆になんで)(別にマモ推しではない)


③ファンの声の小ささ
手前の声がでけぇだけだわって言われたらそこまでなんですけど笑
ライブに行く醍醐味って一緒に声出して参加することだと思っていて。
煽られたら声出したくなるから全力で出したいのに周りが声出してなさすぎて「えっ!? ここ声出したらアカンやつ!?」って勝手にテンパる。
開演前コールとかアンコとかは100億歩譲っていいとして、ガイズでめっちゃ声出すやんってなる。あれ笑っちゃう、ちゃんと声出るじゃんって。
じゃあなんで「TJ Calling(Kis-My-Calling)」で\S しずや/のところだけあんなにシーンとするの??? 担当しか声出しちゃいけないみたいなルールでもあんの???
自担だろうがそうでなかろうが声出すところは全力で声出したいおたくだからみんなの名前を叫ぶけど、特定の曲では声出してそれ以外は……みたいなのが本当にしんどい。げんたで死ぬほど声出てんじゃねぇかよなんでしずでおんなじことが出来ない。永遠の疑問。
別に周りが声出してなくても我が道突き通して出しゃいいだけの話なんですよね。誰も手前のこと気にしてねぇよっつって。
ここまでは完全に私側のあれだけど、問題は次から。


④曲のタイミング
なんでハピグルとかDWMをお手振り消費した???????
私は踊るトラジャが見たいからコンサートに行ってるんだが???????
もちろんファンサタイム大事です。トロッコで会場中をまわるの大事です。
でもなぜその2曲? それって僕達とみんなで踊りましょうって曲じゃん?
全部を全力で踊るのはそりゃ疲れちゃいますよ。もちろんね。でもさぁ……別にオリ曲をお手振りに使わなくてもよくない……?

そもそもの話、私ジャニーズの客降りが苦手で。
彼らは我々よりも一段上の場所=ステージにいるわけですよ。そしてステージというのは我々には足を踏み入れられない神聖な場所であってですね、そこにいる彼らは我々とは別のところにいる人なんですよね。
わかりやすく言えば私にとってジャニーズは2次元なんですよ。
それがなんでこっちとおんなじ場所にわざわざ来るの? 一段上にいてよって思っちゃう。

横アリは広い会場だし、ずっとステージだの花道だの外周だのにいたら不公平なのは分かります。だからスタトロは全然いい。
でもじゃあなんでオリ曲をそこで使った? ってなっちゃうんですよねぇ……。

そしてアンコのガイズの位置。
夜公演では修正されてましたが、なんで昼ガイズで締めた???
所詮私はYouTube新規だからあの歌をうたう彼らの気持ちや熱量は当時から追いかけてる方に比べたらまだまだ理解出来ていないと思います。
でもあそこで歌っちゃったらなんかすごく楽曲に対してもファンに対しても軽い気持ちなのか……? と思わざるをえないというか……。

サマパラ初日に物販に行った時のことです。
朝から並んでフォロワーさんに代購を頼まれた某メンバーのアクスタを持ってそのフォロワーさんから連絡が来るのを待っていました。その時に昼公演が終わり、入っていた人が続々と外に出てきました。
私の隣に座っていたお姉さんたちの近くに数人のお姉さんが。その人たちはお友達のよう。そして公演終わりのお姉さんは、開口一番こう言ったのです。

「ねぇまたガイズ歌ったんだけど」
「ガイズはもういいよ」

先にも書いた通り私はガチガチの新規で、それでも彼らはこの7人でやる「Guys PLAYZONE」に命を懸けているということがヒシヒシと伝わってきました。あの夏は。
でも今回は……うーん……。
サマパラのテーマが「5人と2人の道が7人の道に合流する」だと思っているのでやるのはわかるんですよ、7人でSHOCKの歌やったりしたしね。
でも今回は違くない……? 現SHOCK組だけで「ONE DAY」やったのにガイズは7人なん? お前らの専売特許かも知らんけどお前らの曲ではないからな? と新規ながら思ってしまいました……。


⑤ダンスの揃わなさ
とまぁここまで4つもグダグダ書いてきたけど、結局1番大きいのはこれ。
SHOCK組が忙しいのはわかる。マーヒー組もマーヒー(暇)と言いつつ忙しいのもわかってる。その中でコンサートを作り上げてくれたのはすごくありがとう。本当に心から思ってる。
でもさぁ……あれだけダンスが売りです! って声高に言ってるのにこれはないんじゃない? ってくらい揃ってなくて驚いた……悪い意味でだぞ……。
リハの時間が取れないであろうことは想像にかたくないです。それでもやっぱり拘ってる部分だし、ダンスこそがプライドのグループなのにそこがダメになっちゃったらTravis Japanというグループに何が残るの? とか厳しいことを考えちゃう。

足攣ったらそりゃあ辛いでしょう。
その状態で最後までやりきったのは奇跡だと思います。そこは純粋にすごいです。
でもそれを言い訳に使えないくらい酷かった。
私はダンス素人だから具体的にここがこうとかは言えないけど、それでも酷い。
「7人で踊ることが何よりも楽しい!」
って伝わってくるYouTubeの「Happy Groovy」を見てトラジャ担になったのに、今回のコンサートからはそれが伝わってこなかった……。
それがあなたたちの全力なのか?
そりゃあ松松加入1年で昔(YouTube新規が言っていいかはわからんが)のような気持ち悪い(褒め言葉)くらい揃ったシンクロダンスが出来るようになるとは思わないです。
それでも今のあなたたちは胸を張って「シンクロダンスが武器です!」と言えるのか? って聞きたい。


とまぁだいぶボロクソに書いてしまった……。
そんな感じでだいぶメンタルグズグズでもう降りたいかもとすら思ってます。
でも関ジャニ∞とかも半年に1回は降りたい……ってなるけど結局やっぱ好き♡ってなるからこの感情が一過性のものなのか永続的に続いていくものなのかの見極めが自分でも出来ていません。
なにが難しいってトラジャのこと嫌いになったとかじゃないからです。好きなんです。それでも楽しめなかったんです。だから辛い。

そして自分の中で今思うことが、
「私はTravis Japanに半永久的に全力で踊ることの出来なくなってしまったデビュー組の自担の幻影を重ね合わせているだけなのではないか」
です。
ダンス特化のグループではないけれども、たまに踊ると体全体で踊ることが楽しい! と表現してくれていたあの人が病気由来の怪我で以前のように踊れないとなった時に無意識にトラジャに重ねてたのではないかなって。
それってめちゃくちゃ失礼だよなぁ、なんて。

また、ジャニーズJr.を応援する醍醐味は
未完成/不完全な彼らが完璧を目指して試行錯誤していく様を見ること
だと思っています。
そこをなんかこれが完成系ですと言わんばかりな感じなのがちょっとキビい。実際完璧すぎることこそが今のJr.がデビュー出来ない理由なんだとすら思ってますし。
もう何回も言うけど忙しい中であれだけ新規の曲をやるのは本当にすごいと思う。
でもなんだろうなぁ……想定の範囲内というかなんというか……うーん……。



というようなことをリア友にアウトプットしたら、今回のタイトルである「オタクとして正しすぎるね」という言葉を頂戴しました。
普段から正しいおたくであろうとしているのですが、いざその言葉を言われた時にどうしていいのかわからなかった。もっと言えば、正しさというのは必ずしも正義ではないのかもしれない、とさえ。

先にも記した通りこの感情が一過性なのか永続的なのか自分でもわかりません。
ただ一つわかるのは、Snow Manのコンサートの方が楽しめたということ。
いやここで引き合いに出してくんなよー! って思われるかもしれません、てか思います。
そりゃああっちはあっちで多少思うことはありますよ? めめ今手抜いたな、とか全然アクロバットせんやん、とかこーちゃんついてくのに必死で表情作れてないな、とかラウくんズレたな、とか。
それでもやっぱ9人という今までと違う形になったことでまた新たに9人の完成系を目指していろいろなことに挑戦したり前だったら絶対に歌わなかったであろう曲ややらなかったであろうことをやる姿にどうしても心打たれた。
そしてなによりセトリが嵐生まれ関ジャニ∞育ちなジャニオタにとって非常に楽しい。笑
ということもリア友に言ったら「それ完全に違うコンロに火ついてるよね」と言われました。違いねぇ。
トラジャは変わらず好き。でもすのへの好きが今はそれを上回っている。そういうやつ。
なんかジャニオタさんってひとつのものを愛し抜いてこそ、みたいな風潮あるじゃないですか。それってめちゃくちゃ尊いけど、DDな私にはやりたくても出来ないことで。
というか無理してやらなくてよくない? とすら思うわけで。

じゃあなんでそんなグダグダ言ってんだよさっさとすのに降りろよ! って言われるかもだけど、私が何よりも恐れていることは
"トラジャというきっかけで繋がれた縁が切れてしまうこと"
なんですね。
私のトラジャ担のフォロワーさん、すごい優しいんです。いい人なんです。友達が少ない私にとって神様みたいな人達なんです。だからバイバイしたくない。ただのワガママです。
そこがあるから降りられないなんて人のせいにはしないですが、でもやっぱり引っかかってしまう。ダメウーマンだなぁ……。

考えていることつらつら書いてきて結論が出てないからオチもつけられないしなんかもうお蔵入りした方がいいんじゃね? とすら思い始めました。そもそもチラ裏だしな。
結局他人のせいにして私悪くないみたいなお気持ち表明(笑)ブログ書いちゃう自分に酔ってるだけなんでしょと言われたらまじ否めない。
でもアウトプットしないことにはまとまらないとも思うし、この時こんなこと考えてたなんて時間が経ったら鮮明には思い出せないから感情の供養の為にも公開します。
そんな長文乱文グダグダエントリーでした。ここまで耐えた人はお菓子あげます。
ありがとうございました。

*1:顔がうるさい声優

ジャニーズ楽曲大賞2018に投票した話

 

いよいよジャニーズ楽曲大賞2018の発表が始まりますね。

備忘録代わりに投票したものを書いていこうと思います。

 

楽曲部門

担当グループ関係なくいいなと思った歌に投票したのですが、あまりにいい歌多すぎません!?

毎年のことですが、やっぱりジャニーズの楽曲のレベルめっちゃ高いですよね……。

てことで五位から。

 

五位

JOYしたいキモチ/A.B.C-Z

 

JOYしたいキモチ(通常盤)

JOYしたいキモチ(通常盤)

 

 

2018年のA.B.C-Zの楽曲ってどれも素敵じゃないですか。Future Lightとか……!

その中でもこの楽曲は聴いていて楽しい気持ちになりますし、音楽番組でパフォーマンスを見るのが楽しみな一曲でした。

 

四位

All you need is laugh/関ジャニ∞

ここに (201∞盤) (CD+DVD)

ここに (201∞盤) (CD+DVD)

 

“笑いさえあればいい”

このタイトルに関ジャニ∞全てが詰まっていると思います。

ハリウッドドリームザライドの楽曲搭載期間が延長になったので、みんなユニバーサルスタジオジャパンに行こうね!!!

 

三位

逆転ラバーズ/KEN☆Tackey

 

逆転ラバーズ(通常盤)

逆転ラバーズ(通常盤)

 

 

つい口ずさみたくなる軽快でキャッチーなリズムとメロディー。

楽しそうに歌い踊るタッキー、健くん、Jr.のみんなも印象的です。

KEN☆Tackeyって奇跡みたいな名前ですよね……。

 

二位

名脇役/Sexy Zone

 

XYZ=repainting(通常盤)

XYZ=repainting(通常盤)

 

 

非ジャニオタの友人カラオケに行った時に歌うと必ず「誰の曲?」と聞かれます。それくらいたくさんの人に刺さる楽曲。

これからも歌い続けてほしい一曲です。

 

一位

シンデレラガール/King&Prince

 

シンデレラガール(通常盤)

シンデレラガール(通常盤)

 

 

2018年、鮮烈なデビューと共に世に放たれた楽曲。

キンプリ担以外の方、ひいてはジャニーズのファンでない方ですら歌える新時代の国民的アイドルの誕生だと思いました。

 

ジャニーズの新譜が出るたびに楽曲大賞のことを考えるのですが、2018年はシンデレラガール一強でしたね……。

いやでも! プレ発表見ていても思ったんですが二月に発売されたSexy Zoneの「XYZ=repainting」が名盤過ぎてめちゃめちゃランクインしてるんですよね。

そして最新シングルのカラクリだらけのテンダネスも、おたく、非オタ問わずに(私の周りで)ヒットしているので、上位にランクインしてくるのではないかと。

東京スカパラダイスオーケストラによるリアレンジ版の無責任ヒーローも素晴らしかったので、入れたかった……十位まで選べるなら入れてましたね、うん。

 

未音源楽曲部門

こちらもめちゃくちゃ迷いました……。

Jr.のDDにはあまりに酷では……? せめて五位まで……と思ったのですが五曲にも絞れないなって思いました。

はい、三位から。

 

三位

Happy Groovy/Travis Japan


Travis Japan 「Happy Groovy」(「ジャニーズJr.祭り 2018」単独LIVE in 横浜アリーナ)

約二時間のコンサート。踊り詰めでやってきた最後、観客に語りかける宮近くん「新曲、Happy Groovy」

どこにそんな体力が残ってるの!? と言いたくなるキレキレのダンス圧巻の一言です。

こなれ感が出てきた最近のパフォーマンスも、がむしゃらに踊る初期の頃のパフォーマンスもどちらも好き。

間違いなくトラジャの名刺になる楽曲です。

 

二位

baby gone/HiHi Jets


HiHi Jets「baby gone」(「夏祭り!裸の少年」 in EX THEATER ROPPONGI)

これをジェッツに歌わせようと思った人は間違いなく天才。

振り付けを考えた猪狩くんも天才。

総じて天才。

 

一位

superman/Love-tune

Love-tuneはいつまでもsuperman。

いつ来るかわからない“また”の希望を持たせてくれた楽曲。

メンバーカラーの衣装を着てこの楽曲を歌い踊る彼らの姿はもう見られませんが、あの日彼らが横浜アリーナでsupermenになったことは消えることのない事実です。

 

激重亡霊オタで我ながら草。

本当はサマパララもJungleもLock LockもSnow DreamもParty!Party!Party!もだぁ~くねすどらごんも僕らはMysteriousもみなみなサマーもMy dreamsもCan't stopもMidnight DevilもLET ME GOもSUPER ROCKETもいれたかったよ!!!三つは厳しいですね……。

 

現場部門

KANJANI'S EIGHTERTAINMANT GR8EST

今回現場部門、非常に迷いました……。

コンサートの完成度として非常にレベルの高かったrepainting Tuorや、2018年に観た舞台の中で一番笑った「放課後の厨房男子」、逆に引くほど泣いた「いまを生きる」、七人の覚悟を感じたSummer Paradiseトラジャ公演も選曲やMCが素晴らしかったサマステジェッツ単独もこれまでに見たことない楽しいエンタメだったディスコティックもジャニーズという神話のバイブルたるジャニ伝も伝統演目の少年たちも素晴らしかった。

どれも甲乙つけがたいものでした。

でもその中で、GR8ESTを選んだのは、六人の関ジャニ∞がコンサートというものに真摯に向き合って作り上げたコンサートのように感じたからです。

何もかもがギリギリの中でベストを尽くしてくれた関ジャニ∞

DVDの特典映像は涙なしには見られません。

もちろん悲しいだけでなく、Kura TikやKING作文ルーレットなど、バラエティーもエグくてこれぞエイターテイメント! といった感じです。

安田くんの体のこともあり、ダンスよりもバンド曲に比重が重めで、それ自体はしょうがないことだし全然いいのですが、ムービングステージでバンドのままドーム後方まで移動したり、バンドであっても会場全体が関ジャニ∞を平等に見られるようにしたり、安田くんの体に負担がかからないよう振り付けを変更したり、すばるくんのパートを力強く歌っている姿がとても素敵でした。

MCの丸山劇場は、肩が痛くなるほど笑いました。まるちゃん最高。

 

MV部門

大阪ロマネスク feat.葉加瀬太郎/関ジャニ∞

 

GR8EST(201∞限定盤)(3CD+DVD)

GR8EST(201∞限定盤)(3CD+DVD)

 

 

関ジャニ∞の今と昔を丁寧に描いたMV。

あのタイミングで「エイトとeighterのラブソング」を歌い映像化してくれたことに感謝。

 

MVもなかなかに迷いました……。

音源部門で三位に挙げた逆転ラバーズ、一位に挙げたシンデレラガールのMVもとても良かったので……。

それにカラクリだらけのテンダネスもすっぴんKISSもよかった……。

でもやっぱり七人の最後の映像かな、と思いこちらにしました。

 

コンビ部門

安井謙太郎 & 髙橋優斗

ジャニーズを去る安井くんと安井くんの愛弟子の優斗くん。

Love-tuneの発表があった翌日のらいじらーで、どんな時でも完璧に仕事をこなす仕事人の安井くんが「ごめんね、やりづらいよね?」と伺うように言っていたのに対し、「大丈夫っす! プロなんで!」と力強く返答していた優斗くんは間違いなく次世代を担うリーダーだし、安井くんの残した宝物だなと感じました。

 

ここもね!!! めっちゃ迷ったんですよ!!!

最初はみゅうたろうニートコンビにしようかなとも思ったのですが、それはあまりにかな? と思いやすゆとらじらーコンビに。

ゆうぴにだけ使っている香水を教え誕生日にプレゼントする安井姐さんも、姐さんからもらった香水を毎日つけると無くなっちゃうからといってもったいぶって使わないゆうぴ……それだけでも可愛いのに「無くなったらまた買ってやるから!」と次の約束をしてくれる姐さん……好き……。

 

 

以上が今回投票した内容となっております。

DDには厳しいよね!!! 本当!!!

 まあでも、ああでもないこうでもないと言いながら選ぶあの時間はとても楽しいですし、ギャグセン高すぎるおたくのコメント読むのはめちゃくちゃ楽しいので、次回以降も楽しみにしております。

 

さて、今年はどんな素敵な楽曲が誕生するのでしょうかね。

今のところ2019年のMV部門はホメチギリストです。女装美味しい^q^

Travis Japanにやってほしい関ジャニ∞の楽曲 season2

あけましておめでとうございます!!!(今更)
新年1発目のエントリーがこれかよ! って我ながら思いますが、言霊だよね! 今年のコンサートとかでやってくれないかなっつってね!(これ書いてる時まだ単独の知らせは来ていなかったのです)

前回は他のグループがやっている/やっていた楽曲は省いたのですが*1今回は関係なく、単純にやってほしいものを羅列していきます。
その前に前回のエントリーはこちら

http://hayayotabanashi.hatenadiary.com/entry/2018/08/23/234833

それではいってみよう!


グループ編!
Masterpiece
(アルバム「関ジャニズム」収録)

関ジャニズム (通常盤)

関ジャニズム (通常盤)

ゴリゴリバチバチのダンスナンバー。
絶対かっこいいやつですよ、普段の幼稚園は封印です。
今までLove-tuneがこの曲を結構やってくれていて、ご本人たちはもう二度とやらないだろうなって思うから、トラジャちゃんたちにやってほしいんです……。
最近のちゃかちゃん、ダンスにみゅーとくんが憑依しているというか、気迫が感じられて。所作とか身体捌きかな? 凄くみゅーとくんぽさを感じるんですよね……。だからいいとかダメとかそういうんじゃないんですが、そんな(どんな?)ちゃかちゃんにぜひセンターで踊ってほしい1曲です。

がむしゃら行進曲
(シングル「がむしゃら行進曲」収録)

がむしゃら行進曲 (通常盤)

がむしゃら行進曲 (通常盤)

ちっぽけだと知った日から”本当”は始まる
全ては”偶然”じゃなくて”必然”だって事を

2018年のサマステでHiHi Jetsが歌っててエモ!ってなったやつ。
元々好きな曲ではあったのですが、去年の夏さらに好きになって、トラジャにもやってほしいなぁ、と。
ちなみになのですが、セトリバレ踏んでジェッツがこれやるの楽しみで、来たら一人でうおおおお!!!ってなってサビを踊り狂ってたのですが、ジェッツがオリジナルの振りではなくアレンジ?してたからかジェッツのファン誰も踊ってなくて恥ずかしくなった夏の思い出。
トラジャはオリジナルの振りやってくれ。一緒に踊り狂ってくれ。

EJ☆コース―ター
(アルバム「関ジャニズム」収録)
やって~~~~!!!とTwitterで一回騒ぎ散らかした。本当にやって。よみランでジェットコースターも乗ったし、これはトラジャだよ!(こじつけ)
上がり下がりも込みで楽しめるトラジャに激似合うから。

ブリュレ
(アルバム「PUZZLE」収録)

PUZZLE

PUZZLE

ドドドド王道すぎて前回外したんですが、やっぱやってほしい……!
ご本家と同じようにドームで高速回転のやつに乗って炎バーって出しながら歌って!!! ……これ伝わってる?笑

Dye D?
(アルバム「FIGHT」収録)

FIGHT

FIGHT

うちの天才、安田章大が作詞作曲した楽曲。
「吸血鬼と人間の禁断の恋」
を歌った楽曲です。
もうこれトラジャが歌ったら恋じゃん……。
Love-tuneが歌っていたので前回は外しましたが、彼らがやらなかったらもう関ジュくらいしかやらんやろなぁ……と思い差し込みました。
ご本家はもうネタとしてしか使わない(熱中症)だろうから、真面目にやってほしい。
ネタ? 熱中症? な方は調べるか私に聞いてください。

応答セヨ
(シングル「応答セヨ」収録)

【外付け特典あり】 応答セヨ (初回限定盤)(∞ステッカー付き)

【外付け特典あり】 応答セヨ (初回限定盤)(∞ステッカー付き)

ポルノグラフィティ新藤晴一さん作詞の楽曲。
歌詞がエモいシリーズです。
関ジャニ∞はその境遇故か別れの歌や、別れの歌に聞こえる歌が多いような気がしてて。でも決して後ろを向いてなくてどの歌も前向きなんです。
その姿勢がとてもトラジャと似ているように感じて、だから多分2組とも好きなのかなぁとかとか。
……なんの話してんだ?笑
2番の歌詞が最高に好き。


ユニット編!
えび座組
ノスタルジア/丸山隆平安田章大錦戸亮大倉忠義
(アルバム「ジャム」初回盤A収録)
(Amazonのリンクが見つかりませんでした💦)
前回はいちごみるくに、と書いたのですが、えび座組の方が似合うのでは……? と思い。
丸ちゃん→まつく
安くん→のえさん
亮ちゃん→しず
おーくら→げんた
の歌割りがいいかなぁって思ったんですが、どうしてもしーくんに2番の丸ちゃんの
「飲み込んだ涙の味が甘くなくて良かった」なんて
サヨナラを繰り返すたび 皮肉にも思い知るのさ

を歌って欲しい……。
DanceSQUARE vol.26のジャニーズJr.徹底解剖やWINK UP 2019年2月号のいちごみるくクロストークで"誰かが辞めるたびに泣く"という発言を見るともうこのフレーズと重ね合わせてしまう。


コンビ編!
のえしめ
torn/錦戸亮大倉忠義
(未音源化楽曲)
前回、のえしずにやってほしいと書きました。もちろんのえしずにもやってほしいのですが、それよりものえしめなのでは……?と思い始めました。
二人のダンスのスタイル的に、屋良朝幸くんの振りが映えるだろうなぁとかこの二人はえっちだから似合うだろうなぁとか理由はあるのですが、それ以上にのえしずな歌があったことを思い出したのでスライドさせました(!?)

のえしず
はにかみオブリガード/横山裕村上信五
(シングル「マイホーム」通常版収録)

マイホーム(通常盤)

マイホーム(通常盤)

私はのえしずとヨコヒナを重ね合わせすぎでは……?
いやでも公式でのえしずも熟年夫婦って言ってたし!!!*2
心はいつも通じてんだ

俺たちは夢しか見ないんだ

好きじゃん!?!?(情緒不安定)

のえんちゅ
二人の花/丸山隆平大倉忠義
(シングル「マイホーム」通常版収録)
リズムの感じというかメロディーライン?がのえんちゅっぽいなぁって思います。
メロディーに沿った流れるような振付で踊ってほしい……これは吉澤コレオグラファーに振り作ってほしいタイプの歌です……。

のえちゃか
ハダカ/横山裕渋谷すばる
(シングル「NOROSHI」通常版収録)

NOROSHI(通常盤)

NOROSHI(通常盤)

のえさんが太陽、ちゃかちゃんが月とかそんな単純じゃない二人。
まぁ距離感とか関係性は似てないんですが、メンカラも似てるし、よこすばのサイズ感とも似てるし笑
冒頭の太陽と月っていうのは、歌詞に出てくるものです。
君が太陽 僕が月とかそんな
単純じゃない

これ横山さんが書いてるんですが、歌ってるのは渋谷さんなんですね。
横山さんは自分が月で渋谷さんのこと太陽と思ってるけど、でも渋谷さんは横山さんのことを太陽で自分が月だと思ってそうだなぁって思うんです。
のえちゃかもお互い自分が月で相手が太陽だと思ってそうじゃないですか。エモみ。文量急にエグい。

のえまちゅ
道/渋谷すばる丸山隆平
(アルバム「関ジャニズム」収録)
ド王道バラードですよ。歌唱力コンビ(だと勝手に思っている)には道です。

しずちゃか
さよならはいつも/関ジャニ∞
(アルバム「KJ2 ズッコケ大脱走」収録)
タイトルで察せ。(!?)

しずんちゅ
バナナジュース/横山裕錦戸亮
(アルバム「関ジャニ∞の元気が出るCD!!」収録)

関ジャニ∞の元気が出るCD!!

関ジャニ∞の元気が出るCD!!

しずんちゅの兄弟感とバナジュ兄弟の兄弟感ってめっちゃ似てると思うんですよね。
どっちもお兄ちゃんから構いにいくと弟は「やめろ!!!」ってなるくせにたまーに弟の方が「兄ちゃんが俺のこと構ってくれない💢💢💢」ってなる感じ。笑

しずまちゅ
渇いた花/渋谷すばる村上信五
(アルバム「PUZZLE」「関ジャニ∞の元気が出るCD!!」収録)
元々は7人で歌っていた歌を、松原.*3がセルフカバーした楽曲。
セルフカバー版はジャズアレンジがなされているので、ジャズダンスっぽく踊られちゃったりしたらもう恋ですね。
しかし原曲版も狂おしいほど好きなので、スタンドマイクでオリジナルの振りを踊りながら7人で歌って欲しみもある……。

しずげん
果テナキ空/安田章大錦戸亮
(アルバム「KJ1 F・T・O」収録)

KJ1 F・T・O (通常盤)

KJ1 F・T・O (通常盤)

この歌、昔の嵐のアルバム曲っぽくて好きなんですよね(だから……?)
なんかこういう爽やか系ってトラジャ歌わないかなぁ? って思うので、しずげん親子に歌って欲しいですね。
てかメンカラも青と黄色で一緒じゃん。運命か……?

しめちゃか
Heat is on/関ジャニ∞
(アルバム「KJ1 F・T・O」収録)
しめちゃんだけどうしてもエイトの楽曲のイメージと合わないなぁって思ってて、めちゃめちゃ悩んでこちらの楽曲。このあとしめちゃん関連は全部絞り出した感あるけど気にしないでください。
まぁでもこの楽曲はイントロからしめちゃか! って感じするんですよね、不思議。

しめまちゅ
まもりたい/大倉忠義
(アルバム「KJ2 ズッコケ大脱走」収録)

2人のイメージがしっとりなので、しっとりめな曲のセレクト。割とああでもないこうでもないいいながら決めました……笑

しめげん
Dear…/村上信五
(アルバム「8UPPERS」収録)

8UPPERS

8UPPERS

ぱちあぱから引っ張るのはなんか違う気がしたんです。というのもこのアルバムがコンセプトガチガチで、ソロ曲もそれぞれのソロ曲というよりマックたちのキャラソンみたいなイメージだからです。訳が分からないトラジャ担に端的に説明すると、エイトさんが8UPPERSっていう殺し屋に扮してるアルバムだよ。端折りまくってるので気になる方は調べてみてください! 沼です!(CV:松田元太)
ジャッキー*4の曲だけど割としめげんかなーって。もう捻り出してる感満載でコメントらしいコメントではないですね……。

うみげん
Kicyu/横山裕安田章大
(未音源化楽曲)
きすとちゅ〜のちがいってなんでしょうか〜〜〜〜!!!
はい。エイトのコンビ曲ド王道のKicyuはうみげんの自称沼コンビ。
絶対可愛いもん。わかる。お願い、やって?

W海斗
9号車2番A席/渋谷すばる錦戸亮
(シングル「365日家族」通常版収録)

365日家族(通常盤)

365日家族(通常盤)

2人は東京のエリートJr.で、気まずい*5とは立場が違いすぎますが、なんとなく心意気が似てるような気がして……。
新幹線のデッキで夢や将来についてキラキラ語らってて欲しいしそういうドラマ見たい。泣きそう(情緒不安定)


番外編!
きょもしめ
ミセテクレ
(アルバム「KJ1 F・T・O」収録)
しめちゃん、ミセテクレええやん! って思ったけどすぐにたいがくんがやってたことを思い出して、2人親友やしやってや! ってなった。最高。



本当はソロ曲部門もやりたかったんですが、あまりにも最近エイトさんがソロ曲歌ってなくて曲数が少ないのでやめました。コンビ曲も足りてないんですけどね笑
横アリ単独も決定しましたし、もうセトリとか決まっちゃってるかもですが、もしお困りでしたら前回のエントリーと併せて関ジャニ∞の楽曲やってください!!!
以上、兼オタからのダイレクトマーケティングでした!!!

*1:考えていたタイミングではMADEさんがBlack of nightをやっていたことを知りませんでした……

*2:WINK UP 2018年10月号より

*3:渋谷さんと村上さんのコンビ名

*4:8UPPERSで村上さんが演じていたキャラ

*5:渋谷さんと亮ちゃんのコンビ名

2018年現場まとめ

お久しぶりです。
もう年の瀬っつーか大晦日ですね。
とっくの昔に現場収めしてたので、備忘録と戒めのために今年の現場まとめを残しておきます。
備考欄はふざけるためのもの、それではいってみよう。


1月13日
少年社中二十周年記念第一弾 少年社中×東映 舞台プロジェクト
ピカレスク◆セブン

ピカレスク◆セブン [Blu-ray]

ピカレスク◆セブン [Blu-ray]

備考:
マチネ
サンシャイン劇場
2018年現場初め
久しぶりに宮崎秋人の芝居を見た

2月3日
THE IDOLM@STER MOVIE SideM 3rd LIVE TOUR
〜GLOIROUS ST@GE〜 ライブビューイング

備考:
幕張公演
ツアー初日
6人(5人)のカレイド TOURHYTHM聴けて死ぬかと思った

2月10日
ミュージカル『テニスの王子様』3rdシーズン
青学vs比嘉
[asin:B07DBNHY97:detail]
備考:
マチネ
TOKYO DOME CITY HALL
初めて2バルで観劇した。近さにびびった

2月25日
THE IDOLM@STER MOVIE SideM 3rd LIVE TOUR
〜GLOIROUS ST@GE〜 ライブビューイング
備考:
仙台公演2日目
FLAMEお当番回で一緒に行った友人が死んだ

3月4日
シンフォギアライブ2018

備考:
武蔵野森総合スポーツプラザ
上のFLAME好きな友人に連れて行ってもらった
にわか知識だったけど楽しめたし、めちゃめちゃ熱いライブだった

3月25日
THE IDOLM@STER MOVIE SideM 3rd LIVE TOUR
〜GLOIROUS ST@GE〜 ライブビューイング
備考:
福岡公演
岡村直央くんのお誕生日で号泣したキモオタ

4月5日
SEXY ZONE repainting Tour 2018

備考:
2部
日本ガイシホール
Sexy Zoneって実在するんだ……

4月19日
Rock Musical『5DAYS〜辺境のロミオとジュリエット〜』

備考:
ソワレ
KAAT 神奈川芸術劇場
柳下大くん、中山義紘くんのお芝居が見られて満足

4月28日
THE IDOLM@STER MOVIE SideM 3rd LIVE TOUR
〜GLOIROUS ST@GE〜 ライブビューイング
備考:
静岡公演1日目
彩Pの友人が現地してて、ライビュ見ながら絶対アイツ死んだろと思ってた

5月5日
あんさんぶるスターズ! 3rdAnniversary ファン感謝祭
備考:
マチネ
幕張メッセ
幼馴染が隣で死んでた

5月17日
地球ゴージャスプロデュース公演Vol.15
「ZEROTOPIA」

備考:
ソワレ
赤坂ACTシアター
最後列でも真剣佑は綺麗だった
隣の席の親子がジャニオタで、ジャニオタ三連やんけ! って勝手になってた

5月19日
ミュージカル『テニスの王子様』3rdシーズン Dream Live2018
備考:
マチネ
横浜アリーナ
5年ぶりのドリライ。アニーバーサリーイヤーにしかドリライに行けない呪いにかかっている
加藤和樹斎藤工、河合龍之介ゲスト回を引き当てた強運

6月24日
内田真礼 live tour Magic Number 2 TOKYO

備考:
東京国際フォーラム
真礼ちゃんまじ可愛すぎて死んだ

7月17日
BRADIO Presents エイリアンサーカス2018
備考:
LIQUIDROOM
ORIGINAL LOVEとのツーマン

7月22日
サマーステーション 夏祭り!裸の少年
HiHi Jets東京B少年
備考:
1部
EX THEATER ROPPONGI
みずくんと3秒目が合って♡作ってもらったこと一生語り継いでいくから
友人がりゅがたんのファンサをうけりゅがたんに揺らいでいた

8月7日
サマーステーション 夏祭り!裸の少年
HiHi Jets
備考:
2部
EX THEATER ROPPONGI
またみずくんにファンサをいただく。さくちゃんからは干されてる
りゅがたんに揺らいでいた友人はいつの間にか猪狩担になっていて、二人はいがさく💜💚 はい

8月23日
Summer Paradise2018 Travis Japan
備考:
2部
TOKYO DOME CITY HALL
一緒に行くはずだったすの担の友人が行けなくなり、すの担の友人の友人(初対面)と連番。この人がソウルメイトすぎてすげぇ仲良くなった。彼女は松倉に落ち人生狂わされ中。まつくってば出会う女狂わせボーイ
3バルドセンでシンクロダンスを見るのに素晴らしい席を引き当てる
河合郁人トークショー回でした
他見学は秋山大河、稲葉光、福士申樹(MADE)山本亮太(宇宙Six)だったはず

8月29日
TRUMPシリーズ 10th ANNIVERSARY ミュージカル「マリーゴールド

備考:
マチネ
サンシャイン劇場
末満さん先行で2列目を引き当てる
ずっと泣いてた
とんちゃん脚5mあります

9月9日
関ジャニ'sエイターテイメント GR8EST

備考:
東京ドーム
死ぬほど笑った。笑いすぎて背中痛くなったの初めて
あの後一緒に入った友人とずーっとエイトのやり取りを真似してた
見学はジャニーズWEST西畑大吾(関西ジャニーズJr. 現:なにわ男子)

9月12日
少年たち それから
備考:
マチネ
日生劇場
トラジャに行けなかったすの担友人と連番
ショータイムで阿部さんが近すぎて無意識に「私の年収低過ぎ」ポーズをとっていた

9月19日
THE YOUNG LOVE DISCOTHEQUE Re:FEVER
備考:
ZeepNamba
前田くん気になる〜〜〜〜ってなったきっかけ。なお
ジャニーズとHilty&Boschが生で同時に見られて感動
ジャニーズがDA PUMPを歌う摩訶不思議空間に面食らいったけどめっちゃ楽しかった
見学は大橋和也(関西ジャニーズJr. 現:なにわ男子)小島健、正門良規、奥村颯太(関西ジャニーズJr.)

9月23日
あんさんぶるスターズ! on stage FESTIVAL
備考:
ソワレ
横浜文化体育館
10年越しに生で樋口裕太(植草裕太)を見る
彼氏(日々樹渉)が3次元だった

9月29日
プリパラ&キラッとプリ☆チャンAUTUMN LIVE TOUR み~んなでアイドルやってみた!
備考:
1部
中野サンプラザ
プリパラ好きの友人に連れられ参加。誰しも心に女児がいるので、結果的に楽しかった
斎賀みつきは初恋泥棒

10月6日
まさに世界の終わり
備考:
マチネ
藤沢市民会館
5DAYSの演出家の方が演出だったので外れないだろうなと思い観劇
内くんめっちゃよかった……

10月7日
ABC座〜ジャニーズ伝説〜
備考:
ソワレ
日生劇場
初日公演
ジャニーズってすげぇんだ……! ってなる舞台、ショーだった。基本吉澤閑也定点カメラ
しかし緞帳のせいで最後の最後心が死んだ

10月13日
いまを生きる
備考:
マチネ
新国立劇場中劇場
しめちゃかんちゅを見に行ったはずが永田崇人に落ちる。いや、この時はまだ落ちてない(と言い張っている)
キャメロン(中村海人)がクソ野郎すぎて泣きながら笑ってた。しかし彼なりの正義に基づいての行動なんだなと思うと責められない。誰も悪い人がいない世界だった

10月17日
いまを生きる
備考:
ソワレ
おかわりいま生き。なおチケットは公演が始まる前からとっていた模様
今度はキャメロンに寄り添って観劇。またボロ泣き
原作映画のBlu-rayを買った

10月22日
放課後の厨房男子
備考:
ソワレ
銀座博品館劇場
野澤祐樹目当てだけど、ふぉ〜ゆ〜をアウトデラックスで面白いにーちゃんらやなとも思っていたので楽しみにしていたら、もう、やばい。ふぉ〜ゆ〜やばいってなった
人生で初めて観終わってすぐに劇場で追いチケットした
客降りで真横に野澤くんが来て昇天

10月25日
放課後の厨房男子
備考:
ソワレ
2回目でも天才的に面白かった。今年観た舞台で間違いなく一番笑った

10月27日
ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」最強の場所
備考:
マチネ
TOKYO DOME CITY HALL
満を持してのハイステは、まさかのアリーナ。近すぎわろた
一幕で大号泣して、二幕も泣きたいのに涙が枯れちゃって出てこないという事態に
崇人くんの研磨がどうしても見たくて劇場で円盤買ったらパンフ買えなくなった(もう一枚当ててたチケットを譲った友人に代購してもらった)

10月16日
Patch stage vol.12 「ボクのシューカツ。」
備考:
マチネ
銀座博品館劇場
二年ぶりのPatch stage。今までとは毛色の違う作品でほっこり
終演後物販はらんくんとゆうひくん

10月18日
劇団Patchのファン感謝祭! 東京初上陸
劇団Patchのパッチこーい!!〜ボクカツ。終活祭り!!〜
備考:
マチソワ
銀座博品館劇場
アホほど笑った。円盤化してくれ


11月24日
永田崇人・近藤頌利おでかけ!in軽井沢
備考:
両部
ベルサール神保町アネックス
ショウリコンドウキレキレすぎて笑った。すぐうんことか言っちゃダメだよ
ツボに入る崇人くん可愛かった
ハイタッチで崇人くんに「これからもしめちゃかんちゅと仲良くしてください」という何目線? みたいなことを言ったにも関わらず、「! ぜひ!!!」と言ってくださって本当にいい人だなと思いました

12月1日
光より前に〜夜明けの走者たち
備考:
ソワレ
ABCホール
マニアックのために宮崎秋人のリハビリした(?)
木村了くんいいよね……
アフタートーク瀬戸康史が、「まんぷく」のせいでエセ関西弁になってるの可愛かった

12月15日
極上文學「こゝろ
備考:
ソワレ
紀伊國屋サザンシアター
初極上文學
ゆうほくんのKと平野良の先生よき……その日ほぼオール状態だったため途中気を失う(観劇人生初めて)
なので追いチケットをした
ずんたさんの猫衣装可愛すぎた

12月17日
極上文學「こゝろ
今回の吾輩は沢城千春。当たり前だけどずんたさんとはアプローチが全然違って面白かった
ふっきーさんの先生がどエロくてブロマイドセットを買ってしまったよね……QOL爆上がり……
2018年現場収め


38本(2回以上観たものはそれぞれを1本とする)
内訳
舞台17本(内ジャニーズ出演作7本)
ライブ15本(内ジャニーズ5本)
イベント5本
ショー1本


はい。
現場行き過ぎじゃね?
どっからその金湧いてきたの? 馬鹿なの?
と言いたくなる量でしたが、まぁ来年からは行きたくても行けないなんてざらにあるだろうし、平日昼間に舞台観たりライブ行ったりとか大学生の今だからこそ出来ることだし、必要経費ということで。そうかなぁ……
まぁ楽しかったし結果オーライですね。
来年も行ける現場、行きたい現場には極力行くつもりですので、みなさん相手してやってくださーい!

それでは、良いお年を!